富山湾岸ウルトラマラニック 〜100km超のウルトラマラニック自主開催〜


いたち川RCでは、42.195kmを超える長距離をピクニック的に走るイベント「富山湾岸ウルトラマラニック」を毎年開催しています。ランナーならば1度は走ってみたいウルトラマラソン。しかしウルトラマラソンは大会のほとんどが県外遠方での開催で、参加費だけでなく交通費に宿泊費、さらに場合によっては有給休暇も必要など、サラリーマンランナーにはその距離以前の壁がなかなかに厳しいです。それならば自ら企画して走ってしまえば?と、クラブで「富山湾岸ウルトラマラニック」を名乗って本当に開催してしまいました。本ページは開催に至るまでの経緯と開催内容のメモです。内容は次の通りです。

1.富山湾岸ウルトラコース構想の経緯
2.まずは65km 〜第1回富山湾岸ウルトラマラニック〜
3.100kmのコースと開催日の確定
4.どうせならばもっと大勢で!!
5.第2回富山湾岸ウルトラマラニック開催要項抜粋
6.開催結果
7.今後について

(2010年8月)


■1.富山湾岸ウルトラコース構想の経緯
クラブの定期練習会や企画練習会で富山〜滑川〜魚津〜黒部の富山県東部海岸沿いを何度も走っていた。個人的に石川県境からの富山湾岸沿いに富山市までの約50kを走った会員の話から、西側50kmと東側50kmを合わせて走れば100kmのウルトラマラソンになならないか?と話し合った。ただ100kmを走るだけならば2kmの周回路を50周あるいは片道25kmを2往復するだけでよいがそれでは楽しくも面白くもない。やはり100kmのコースには夢やロマンがあるほうが良い。新潟県境から石川県境に至る富山県の海沿いを完全走破するのはきっと思い出い残るに違いないと、将来の走行を決意した。


■2.まずは65kmに挑戦 〜第1回富山湾岸ウルトラマラニック〜
2009年10月、100kmを走る前に新潟/富山県境から富山市体育館までの65kmを走ってみることにした。どうせならばと「第1回富山湾岸ウルトラマラニック」と勝手に名乗って開催。JR富山駅発9時半の列車で新潟県糸魚川市のJR市振駅へ移動。市振スタート10:45、基本ペースはキロ6分、コンビニや湧水などでの給水補給休憩(各10分程度)を8回取り、18:45に富山市体育館に到着。65kmの距離は身体のダメージも意外に少なく100km走実現の自信となった。

※⇒第1回富山湾岸ウルトラマラニックの様子  ⇒ 〃 企画書…文末に将来の100km開催企画


■3.100kmのコースと開催日の確定
100kmコースは新潟県糸魚川市のJR市振駅〜国道160号線の石川/富山県境のワンウエイで企画、当初どちらをスタートにしてどちらをゴールにするかで迷った。大きな大会の様にエイドが万全で空身で走られるなら12時間もあれば余裕で完走できるだろうが、ハイキング並みの荷物を担いで走るため13〜14時間は覚悟しなければならない。となればJR利用で早朝出発できる新潟側スタートが現実的であったが、ゴール地点の氷見側からの最終バスが18時ジャストと日帰りは厳しいことが判明。コースを逆にしてもスタートが遅くなる分JRの最終列車に間に合わせるのは大変である。そこでJRの最終列車利用で新潟県を深夜スタート、石川県に昼〜夕方前にゴールで企画することとした。その時点ではゴール後は富山に戻るつもりで宿泊は想定しなかったが、何度か相談するうちに、ゴール地点近くで1泊して完走懇親会を開催することに決定した。開催日は県内近県のレースシーズンが終了し、夜が短くかつ厳しい暑さも無いであろう6月18日19日とした。

コースは「まささんのジョギングシミュレータ」で計測すると約102km、県営渡船の利用分を差し引いても100kmは超える。実走時に携帯したGPSロガーでは106kmの移動距離であった。


■4.どうせならばもっと大勢で!!
クラブ内で100km走にチャレンジしそうなランナーは5〜6名程度。宿泊懇親会があるならもっと大勢で楽しめないかと、50km(JR富山駅8:30AM出発)、30km(JR高岡駅11:30AM出発)、15km(JR氷見駅13:30出発)のコースも同時開催して全員で同じゴールを目指すことにした。また、ゴール後の着換え等の荷物はあらかじめ民宿に運んでおきたく、輸送ボランティアをクラブ員にお願いすることにした。結果、50kmと15kmにもエントリーがあり、ボランティア応援含めて13名の参加となった。


■5.第2回富山湾岸ウルトラマラニック開催要項抜粋
▽開催日
・100km 6月18日(金)〜19日(土) 、50km/30km/15km 6月19日(土)
・宿泊懇親会 6月19日(土)・・・翌20日(日)朝食後に解散
※雨天決行。ただし荒天時には参加者の判断で中止。懇親会は天候に関わらず開催。

▽宿泊するランナーの受付(宿泊しないランナー、宿泊のみの参加者は受付不要)
 全種目 6月18日(金) 21:45 JR富山駅北口ライトレール側ロータリー
※輸送ボランティアにゴール地点に運んでもらう荷物を預けて受付とする。当日受付できない参加者は、出場を確約した上で他の参加者に荷物を託すか、宅配便で宿泊先に荷物を送っておくこと。

▽種目とスタートの場所日時
【100km】・・・実測102km超
集合:6月18日(金) 21:50 JR 富山駅北口きっぷ売り場・・・受付後すぐに集合&移動
移動:JR 富山駅22:05 (5 番線?)⇒JR 市振駅22:58(950 円)
スタート: 6月18日(金) 23:00 JR 市振駅(新潟県糸魚川市)

【50km】・・・実測50km程度
集合&スタート:6月19日(土) 8:30 JR 富山駅北口ライトレール乗り場付近

【30km】・・・実測33km 程度
集合&スタート:6月19日(土) 11:30 JR 高岡駅前・ホテルα1側

【15km】・・・実測15km 強
集合&スタート:6月19日(土) 13:30 JR 氷見駅前

▽ゴール
全種目 国道160 号線・石川/富山県境(石川県七尾市/富山県氷見市)
※ゴール後は宿泊懇親会場へ速やかに移動。ゴールから宿泊先まで約1200m。

▽宿泊懇親会場
民宿「旅庵花厨ゆうなぎ」 TEL 0766-79-1021 http://www.yuunagi.com/
※チェックインは15〜18時。

▽参加費用(宿泊懇親会参加者・・・JR・バス等の交通費は各自負担)
15,000円程度(内訳:宿泊代+懇親会費+輸送ボランティア御礼)

▽エントリー
1)宿泊懇親会参加者・・・5月末締切。
2)マラニックのみ希望(宿泊しない場合)・・・6月17日までに「参加種目」を明記してBBS、E-mail、電話等で参加表明すること。いたち川RC会員以外の参加希望者は、いたち川RC会員を通じて申し込むこと。

▽コース詳細
各コースのデータをkmlファイルで配布。また、チェックポイント(セルフチェック)と迷い易い場所やコンビニ等の補給場所を明記したコース解説も配布。

▽チェックポイント(100kmコース)
第1CP 15km 入善町 浄化センター風力発電所
第2CP 30km 黒部市 石田フィッシャリーナ
第3CP 44km 滑川市 ほたるいかミュージアム/タラソピア
第4CP 50km 富山市 浜黒崎キャンプ場(ほぼ中間点)
第5CP 70km 射水市 県営渡船乗船(乗船したらチェック・・・無料)
第6CP 81km 高岡市 雨晴海水浴場(海岸道路に入ってからチェック)
最終CP 92km 氷見市 阿尾地内ヤマザキデイリーストア(ゴールまで10km)
※50kmコースは第5〜最終、30kmは第6と最終、15kmは最終でチェック


▽配布資料
 開催要項、  コース解説、  セルフチェックシート


■6.開催結果
参加者 100km3名、50km6名、15km1名、ラスト応援伴走2名(全員完走)

完走者
 100km:JN、TETE、S 
 50km:O、K、sakura、YOK、ぜん、ゲストmoriさん 
 15km:KM

ゴール手前応援伴走者(とても有り難かった)
  JUNK & ゲストbluemoonさん

大会を支えて下さった方々
 ・大感謝の輸送ボランティア yoshieさん
 ・大いに盛り上げて頂いた宿泊ゲスト Buさん
 ・受付や途中で応援頂いた Hさん、HASさん(19日朝に走って懇親会場に登場)、ゆきおさん
 ・民宿「ゆうなぎ」の皆様


  第2回富山湾岸ウルトラマラニックの様子その1
  第2回富山湾岸ウルトラマラニックの様子その2



■7.今後について(2016年6月現在)
2009年2010年に続き、2011年第3回、2012年第4回、2013年第5回、2014年第6回、2015年第7回、2016年第8回、2017年第9回を連続開催しています。コースや出発時間を改定し内容を少しずつ洗練しています。あくまでクラブ内のイベントではありますが、富山県内唯一の100kmマラソンでもあり、参加希望者が居る限り毎年開催したく考えています。クラブ外からの参加もクラブ員を通じて第2回から実現しており、今後も「紹介」の形で受け入れたく思います。また宿泊&懇親会場とさせて頂いている「ゆうなぎ」さん以外にも県境付近には宿泊施設があり、参加者はまだまだ増えても大丈夫でしょう。ただし、道路事情と交通安全さらにランナー以外の方の市民生活を考慮すると、大集団で走って交通規制まで必要な大袈裟なイベントにはしたくない気がします。空前のマラソンブーム下で、数万人規模のシティマラソンやリレーマラソンが大流行ですが、田舎の海岸沿いを少人数でのんびり走るこの「富山湾岸ウルトラマラニック」の魅力は別次元なのです。

第3回の様子 63km&100km(2011年)gallery
第3回 50km&30km(2011年)blog
第3回 63km&100km(2011年)blog

第4回 YKさんのレポート 100km(2012年)blog
第4回 50kmの様子(2012年)blog
第4回 受付ゴール懇親会(2012年)blog…要パスワード(笑)

第5回 2013年 blog
第6回 2014年 blog
第7回 2015年 blog

第8回 2016年 blog その1
第8回 2016年 blog その2
第8回 2016年 blog その3

第9回 2017年 blog その1
第9回 2017年 blog その2
第9回 2017年 blog その3


●栄光の?最長距離フィニッシャー歴代Photo・・・Click!!

>戻る